忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
腎性糖尿だ。今日その検査をした。ブドウ糖の負荷試験。

結果は異状なしで相変わらず腎性糖尿だけの状態。

一応検査結果。
負荷前 94mg/dl
30分後 145mg/dl
60分後 177mg/dl
120分後 121mg/dl

120分後に140未満であればOKらしい。

今後は血糖値とヘモグロビンHbA1cの値がおかしくなってきたらまた検査をすればよいらしい。
PR
色々壊れていたSONYのハードディスクハンディカム、HDR-SR11。

まず壊れたのがタッチ操作。パネルを触っても何の反応もない。おそらく配線が切れている。おかげで再生はできないわ、いろんな効果もかけられないわ、ただ録画するだけしかできなくなっていた。撮りためたデータがいっぱいになった時に消すこともできないのだが、PCにつないでPCからHDDの中身を無理やり消すことで対応できた。

それでも録画はできるので使っていたが、次に液晶のバックライトが切れてしまった。これもおそらく配線切れなのだが、それでもEVFがあるからそのまま使っていた。そのEVFも視度調節が固着していて動かない状態だが。

それで昨年、そろそろこの機種の製造が終わってから6年以上過ぎて、修理用の部品がなくなる心配をしなければならなくなった。新しいのを買うか修理するか、少々悩んだが、修理することにした。

対応内容:

タッチ操作と表示不具合は液晶回路不具合のため、フレキシブルチュウケイバン807の交換を行いました。
EVF固着はファインダー機構不具合のため、アイカップASSYの交換に手合わせて改善しました。

料金は定額で21500円。たっか~~~。

D850を注文したのは昨年2017年の11月29日の事だった。

入手依頼、D800に代えてD850を使っているが、一番うれしいのは85mmレンズのピントがばっちり決まるようになったことかもしれない。

85mmのF1.4、「AI AF NIKKOR 85mm f/1.4D IF」という古いやつだが、これはF6を使っていた2008年ころに購入したもので、F6の後で購入したD800でも使っていた。が、デジカメで使うには一つ問題があり、D800ではピントが合うことはほとんど奇跡に近い状態だった。

これはD800の解像度の高さとピント検出の甘さの合わせ技で現れる現象で、もしカメラがD4であればピントが合っていないことがここまでばれはしない。が、D800は解像度が高くてピンボケがばればれ。しかもピントの検出能力が低い。

回避策として、AF-Sで使うというのがある。実はAF-Sで合焦した方が精度が高い。しかし、相手が細かく動いている場合、AF-Sで合焦しても、ほんの少しの時間差で被写体もしくは自分が動いてしまうため、結果的にピンボケに。

ある時テストしてみたが、絞り開放のF1.4でピントがちゃんとあっているのは20%程度であった。これは新しいAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gでも同じ結果で、カメラ側のせいであることは明白だった。


で、D850。ピント、全く問題なし。F1.4でも気持ち悪いくらいピントが合う。85mmのF1.4の絞り開放でも何の問題もなくばっちりあう。

これはうれしい。85mmF1.4は所有しているレンズの中でも一番好きなものの一つだが、これからはすべての絞り値で安心して使える。これからもどんどん活躍してもらおう。

スカイメモの赤緯体をそのまま利用してもっと便利に、ということで工作タイム!を開始した。

スカイメモの赤緯体は先端に真鍮のコマが付いていて、これに1/4インチネジのカメラや雲台を取り付けられるようになっている。このコマが回転するようになっているのでここで赤緯軸の回転をするのだが、さすがに望遠鏡なんかを取り付けてしまうと回転がスムーズではないため使いにくい。

そこでこのコマを使うのをあきらめて、スムーズに回転する何かを取り付けよう。

例えば、アマゾンでFEISOL製のパノラマ雲台、PB-70なんかが5000円で売られている。

これは回転ベースとしてはとてもよさげではある。


自分がやりたいことの一つはデジタル一眼レフをスカイメモにのっけて星座の写真を撮ること。このとき、縦位置横位置の切り替えが必要になるため、カメラはL字のプレートに乗せると具合がいい。このL字プレート、買おうとするとぺらぺらのアルミ板をちょいと曲げたタイプか、アルカスイス互換のL字プレートかの2択になっている。頑丈なのは何といってもアルカスイス互換品だ。これはすでに買ってある。

ということは、カメラの方はアルカスイス互換のL字プレートが付いている状態。なので、回転する何かはアルカスイス互換の回転機構付きクランプ(パノラマクランプ?パンヘッド?)が良い。というわけで、アマゾンで買ったのがこれ。



MENGS製のPAN-A。実はこれ、アマゾンに掲載されているPAN-Aとは異なる品物なのだが、裏のネジがM4になっており、相手の加工をするときに小さい穴で済むので実はこっちの方が好都合だったりして。

これとスカイメモの赤緯体を取り付けるアダプタとして使うのが、このエツミのE-6115。



M4のボルトを通すためにΦ4.5の穴を2か所にあけ、中央の1/4ネジ部にΦ10の穴をあけてしまい、そこにM12のタップをたてる。完全にΦ60のアルミ材としか思っていない。



ピストル型のハンディタイプのドリルしか持っていないが、割ときれいに加工できた。

PAN-Aとボルトで結合するとこんな感じ。いい感じに外形がぴったり合っている。どちらも直径はΦ60。ネジはM4で、エツミのE-6115の厚さ13mm、PAN-Aのネジ深さ約5mmを考えると18mmの長さがほしいのだが、15mmか20mmしか売ってないので、20mmのボルトにワッシャとスプリングワッシャを入れている。



もちろん、PAN-Aの中央の3/8ネジとエツミのE-6115中央の1/4ネジをアダプタで接続してしまってもよいのだが、PAN-Aの中央の3/8ネジを使ってしめこむとPAN-Aの回転が鈍くなるという話だったので、両端についているM4ネジで固定している。



次に用意したのがM12のボルト。長さ100mm。本当は50mmでよいのだが、100mmあればもし失敗しても2本分取れるのでいい感じ。



これを真ん中らへんでぽっきりと切断。弓ノコで切るのは大変だった。使うのは頭のついていない方。



切断面をやすりで仕上げて出来上がり。長さは47mmくらいに仕上がった。




これをスカイメモの赤緯体にねじ込む。



そこにエツミのE-6115を加工したものを取り付ける。



いい感じ。M12のボルト(を切ったもの)は1mmほど引っ込んでいる。ここはM12のずん切りボルトにスカイメモの赤緯体とエツミのE-6115がダブルナットで固定されている状態になるため、しっかり固定されている。実に思った通り。

というわけで、完成したのがこちら。



これでカメラや望遠鏡を取り付けるのが楽になる・・・に違いない。






PAN-Aが写真と異なるPAN-Aだったわけだが、これまた届いたPAN-Aとソックリな品物を発見。



こちらの品物、画面をキャプチャしたのは3月17日の21時30分ころで、価格は2698円となっているが、自分が購入したときは2998円であった。まぁ、それはいいとして、この品物、クランプの部分は先日届いた品物と全く同じ、に見える。それでいてネジアダプタがなぜか2個、70mmのプレートまでついて3000円とは、ずいぶん安い。クランプの部分が全く同じなのであればお得だ。

というわけで、MENGSのPAN-Aとして届いた方は異なる品物が届いたということで返品し、こちらを別途購入することにした。

こちらもアマゾン発送だったのですぐ届いた。開封してみる。



まぁ、見た目は思った通りの品物だが、、、実態はそう甘くなかった。


この品物、とにかくたくさんのグリスを塗りたくっており、全く回転しない。塗りすぎのグリスがはみ出してきており、とにかくべたべたと汚い。

しかも裏面を見るとどうも様子がおかしい。MENGSのPAN-Aには存在する部材が存在しない。付け忘れたのではなく、最初からない模様。部品を一つ削減することでコストダウンを図ったのだろうか。このクランプは、中央の3/8ネジで雲台に取り付けると回転が悪くなると言われている。これの改善のために底面の部材を一体化したのだろうか。


裏が真っ黒。中央にあった部品は存在しない。


先日のMENGSのPAN-Aと比較すると一目瞭然。


並べてみると本当にそっくりなのだが、ものすごく細かいことを言うと、水準器の色とか、目盛りの太さとか、回転止めつまみの形とか、塗装の光沢具合とか、ちょっとだけ違う。


それにしても、なぜここまでグリスを塗りまくったのか。単に生産管理ができていないだけか?

どうにも怪しく、しかも部品が一つ少ないためかどうかは知らないが回転の具合がよろしくないので、最初に届いたPAN-Aのほうを使うこととし、後で買った方を頼んだものと違うということで返品することに。

あーめんど。でもこれが中華製アルカスイス互換部品の醍醐味なのかも。
アルミの丸棒(というか丸い円板)素材として使おうとしているエツミのE-6115、片側は平面だが、反対側は溝が彫ってある(なんでだろう)。ここの寸法。

溝の外側はΦ50、内側はΦ45、つまり溝の幅は2.5。溝の深さは2。

計画ではΦ50のPCD上にΦ4.5の穴をあけるので、ちょうど溝の堺に穴が来てしまう。
まぁ、まっすぐドリルを立てればまっすぐ穴開くか。むしろ傾いていたらすぐわかるから好都合かも。でも溝のある側から穴あけをすることはできないな。


試しに、アマゾンで買ってみたアルカスイス互換のクランプ、パンニング機能付き。アマゾン発送だったのですぐ届いた。こんな感じ。




・・・なんか、ちょっと見た目が違います。どちらかというと、これです。




こちらは存在自体は知っていましたが、アマゾン発送ではない上に2000円と妙に安い価格なため、敬遠した物体。
しかし、パンニングの目盛りの書体やパンニング固定ノブの位置から、こちらの製品にMENGSというロゴを印刷しただけのものに違いありません。

どうしましょう。

おまけに、裏を見るとプレートが付いています。




本来はついていないものです(FOTGAの物にはついている)。試しに外してみます。




なんか、ちょっと違和感があります。


プレートを固定しているボルトが2本ですが、長さが違います。そんな馬鹿な、です。しかもこれはM4。MENGS製のPAN-Aとしてアマゾンに掲載している写真ではM6っぽいネジです。




まぁ、品物自体は同じ品質なような気がしますが。。。

交換を要求しても、同じものが届くような気がします。

さて。
いろいろあれこれ考えたが、Φ60のアルミ板の中心に10mmのドリルで穴をあけ、M12のタップを立てて、M12のイモネジ(というか、ボルトの頭を切断したもの)で直接接続するのが一番現実的な気がしてきた。

最初のころはM12のボルトの頭から穴をあけて1/4のタップを切り、1/4のイモネジでエツミのメスメスネジ大と接続することを考えていたが、M12ボルトの頭って刻印があったりして平らではない。ここに何かを接続すると強度というか剛性が足りない気がする。

こうなると赤緯軸の中がM12ボルトだけになるのでなんかぐらぐらしそう。だが、M10のナットって外形が20mm弱なので、M10ナットにΦ10mmで穴をあけ、M12のタップを立てて穴埋めに使えば多少ましかも。

というわけで用意するものは、
1.エツミ製 メスメスネジ大 E-6115 約1000円
2.M12P1.75タップ 約1000円
3.M12、長さ50mmのボルト(鉄であればなんでもいい)

まず、エツミのメスメスネジ大の中心の1/4ネジ部分にΦ10のドリルで穴をあけてしまう。ここは下穴が開いている状態なのでドリルが暴れるだろうが、手動の電動ドリルしか持ってないけど何とかなるでしょう。アルミだし。

次にM12のタップを立てる。力がいりそうだけど、アルミだから手でもなんとかなるでしょう。M12のタップを切るとき、必要な下穴はおおよそΦ10mm。言い換えると素人が持っている電動ドリルの最大径。これより大きな穴は簡単にはあけられない。厚みが13mmもあるため、P1.75でも7山以上とれる。ネジが飛び出さないように短くはするが、5山はいけるのでそこは十分。

最後にM12のボルトを切断する。昔M10のボルトなら切ったことがある。弓ノコならあるから、鉄のボルトなら何とか切れるでしょう。

切ったボルトの頭を整える。やすりはあるから何とかなるでしょう。

イモネジ状態になってしまったボルトをスカイメモにねじ込み、エツミのメスメスネジ大をねじ込めば、スカイメモの先端がΦ60のアルミ板になるはず。

昔測定したところ、スカイメモ側の深さは40mm弱。エツミのメスメスネジ大は厚さが13mm。足すと53mm弱で、この長さであれば頭が飛び出す。出ないようにするにはちょうど50mmくらいにしておけばいい。ボルトは50mmのを買ってきて、頭ぎりぎりを切るか。

メスメスネジ大に2か所穴をあけ、アルカスイス互換のパンクランプを取り付ければ完成。

かなぁ。
M12の穴にφ10の棒は入る。
M12の穴に1/4の六角ボルトの頭は入らない。
M12の穴に1/4のキャップボルトの頭は入るが、六角穴がやっぱりインチ。
φ20の穴にM10の六角ボルトの頭は入る。
φ20の穴にM12の六角ボルトの頭は入らない。

D850も発売からだいぶたち、サードパーティーの製品も徐々に発売されてきている。

そんななかでほしいと思っていた品物の一つがアルカスイス互換のL型プレート。

星の写真を撮る場合、基本的に赤経・赤緯に沿って構図を決めるため、自由雲台みたいに好き勝手な方向を向くことができると逆に使いにくい。カメラを赤道儀にそのままくっつけると長手方向が赤経方向になるため縦構図(天の北極を上と考えて)、90度傾けると横構図。

というわけで、カメラを縦にしても簡単に固定できるようにするため、L型プレートがあるととても便利。で、アマゾンで調べてみたらいくつか出てきた。


1.MENGS製 型名不明 価格:3089円

これが一番安い製品。はっきり言ってこれでいいような気がする。値段もこれ以上ないくらい安い。一応D850専用設計ということで、カメラの背中側にプレートが当たるようになっている。





2.FIRST2SAVVV製? 型名:GO-3FL-TZ? 価格:4500円

価格は異なるが、MENGS製のとうり二つ。





3.Koowl製 型名:K00025 価格:5999円

これもMENGSのと似ているが、形はちょっと違う。レンチを裏側に収納できるようになっている。





4.SUNWAYFOTO製 型名:PNL-D850 価格:6980円

これもMENGSのに似ているが、よく見るとMENGSともKoowlとも違う物体。





5.マーキンス製 型名:PN-850+LN-850 価格:合計17510円

早い時期から製品をリリースしていたマーキンス製。高いがこれでも値下げしてるっぽい。





6.leofoto製 型名:LPN-D850 価格:18721円

検索すると出てくるが、よくわからない製品。




ま、ただのメモ。

スカイメモRに使う部品を作りたくて、図面を書いたうえで個人の注文も受け付けていそうな業者に見積もりの依頼をしてみた。その結果。

・1-OFF.jpのミクロ工業:速攻で返答をくれた。¥15500(アルミ)~¥20000(SUS)
・NPSの日本プレート精工:速攻で返答をくれた。¥13000(2個)~¥15000(1個)、SUS
・エヌシー精密:完全に無視

価格としては妥当な線というか、、、安いね。というのが正直な感想。
でもやっぱり絶対値が大きいのですぐに作りましょう、とはならないのが貧乏人の悲しいところ。

どうにかして自分で作れないか、考え中。

スカイメモRに望遠鏡を乗っける。

望遠鏡の鏡筒バンド(自作)には1/4ネジがほってあるので、純正の真鍮製のコマを使えばそのままとりつくようになっている。無理ではないのだが、どうも安定しない。それは当然で、赤緯軸にあたるコマがまともな回転機構になっていないから。

そこで、赤緯軸替わりにアマゾンで売られているアルカスイス互換のPAN-Aというパノラマヘッドのようなクランプを使うことにする。

FEISOLのパノラマ雲台 PB-70でももちろん良いのだが、こちらはねじ締結。望遠鏡の方にアルカスイス互換のプレートを付けてPAN-Aでクランプした方が取り付けが早くて楽。カメラの方にもプレートを付けて使っているので、望遠鏡を外してそのままカメラも付けられる。望遠鏡のアリ溝プレートと同じだ。だからただのパノラマ雲台よりもPAN-Aの方が使いやすい。回転のスムーズさは劣るかもだが。

で、どうやってPAN-AをスカイメモRに取り付けるか?

PAN-Aは2種類の方法で取り付けすることができる。一つは中央の3/8ネジを使う方法。もう一つは端にある2か所のM6タップを使う方法。

アマゾンのレビューを見てみると、どうやら中央の3/8ネジを使って取り付けてしまうと回転が渋くなってしまうとのこと。というわけで、端にある2つのM6タップをつかって取り付ける方が良い。ちなみにPAN-Aは直径60mm。

さて、直径60mmもあるPAN-Aをスカイメモに取り付けるにはどうすればいいか。スカイメモ側を見てみると、奥の方にM12のタップが切られている。これを使うことにする。

M12と2か所のM6タップ、これを接続するためのアダプタを金属の丸棒から削り出しても、もちろん良い。ちょっとやってみようかと思って図面も書いて見積もりを取ってみた。そしたら1.5~3万円くらいかかるとのこと。作業内容を考えると高くはないが、1.5万円はまぁ、ランチの値段と比較すると高い。

もうちょっと自分で何とかならないか。まずはM12の部分。ここは自分で加工できないので、M12の鉄製のボルトを素材として持ってくるのが一番楽。さらにその上に直径60mmの円盤を取り付けられればPAN-Aが付けられる。

では直径60mmの金属製の円盤なんてあるのか?まさかこれも旋盤で削り出す?わけはなくて、実はこういうのが売られている。

エツミの1/4ネジのメスメスアダプタの大きいやつ。これは直径なんとぴったり60mm、中央に1/4ネジが貫通しており、厚みが13mmという、まぁ、はっきり言ってただのアルミ円盤。これを素材にすることは可能。

ただ、これは厚みが13mmとちょっと厚すぎる。もう少し薄いのでいい。5mmとか。でもそんなこと言ったら安く手に入る市販品は存在しなさそうなのであきらめる。

ではM12ボルトとエツミの円盤をどうやってつなぐのか。それは簡単。M12ボルトの頭に1/4のタップを切ってしまえばよい。実は1/4のタップはすでに持っている。まぁ、買ってもそんなにしない。これでM12ボルトに1/4ねじのタップを切ってしまい、1/4のボルトを買ってきて、頭を切断してイモネジ状態にし(もちろん1/4のイモネジが手に入ればそれでもいいが、めったさった売ってない)、M12ボルトとエツミの円盤をつないでしまえばいい。これをスカイメモにねじ込めば、スカイメモの赤緯体の片方が直径60mmの円盤になる。エツミの円盤にはM6ボルトが通る穴を2つ開けてしまえばそれで完成。


ただ、やっぱりエツミの円盤は厚いのが気になる。5mm厚のアルミ板ならあるから、これを加工して作ってもまあ、大した手間ではないか。

さてどうする。


という名のシステム手帳を買ってみた。まぁ、ただのバインダーだ。

ただのバインダーのくせに8000円もする。プラスチック製でよければ400円。ま、値段が嫌なら買わなければいいだけだが、値段以外は気に入ったので買ってみた。

ちなみにこの製品、少し前まで売られていたKNOXブランドのシステム手帳「LUFT」と基本は同じ。だが使っている革は全く違う。で、値段は大きく引き上げられた。LUFTの価格はバイブルサイズの物が6500円、ナローサイズの物で6000円であった(ミニサイズは存在しなかった)のだが、PLOTTERブランドに変わってバイブルサイズで13000円~8000円、ナローサイズで12000円~7500円となっている。高価なもので比較すると軽く2倍になっている。

こりゃたまげた。最近インフレがひどくて、数年前に10%削減だったのが最近20%削減となったゴールドブレンドもおったまげのインフレ率200%。この価格差は消費者を馬鹿にしていないか?

ここでちょっと注意だが、LUFTとPLOTTERでは使われている革が異なるため、直接比較はしにくい。だが「シュリンク」と名付けられた革は両方にラインナップされている。この「シュリンク」革が全く同じものであるかどうかはわからないのだが、あえて比較をすれば、LUFTは6500円でPLOTTERは8000円と123%のインフレ率だ。倍まではいかないが、十分高い。

価格の正当性を強調するためか、PLOTTERのウェブサイトではいかに手間暇かけてよいものを作っているかが語られている。しかし手間とコストをかけることと良いものを作ることには直接の関係性はない。手間暇かけたことによって良いものであるのではないかと誤認させる今全盛の広告手法。

ちなみに、PLOTTERではバイブルとナロー以外にA5サイズ、ミニサイズも展開されている。今回購入したのはミニサイズのホースヘアーの色がグレー。これは横浜タカシマヤの伊東屋で実際に見て確認したうえで決めた。でも見た時はすぐに購入せず、しばらく悩んでから(高いから)PLOTTERオンラインで注文。本日届いた。




こんな感じで届いた。宅急便と書かれていたので箱で来るかと思ったが、メール便と同じ封筒。まぁ、頼りはないが、これはこれで角がつぶれることで中身を保護する能力は割と高いもの。必要十分だが送料はしっかりケチっている。




中を開けるとこんな箱。割としっかりとしていてきれいな箱だが、こういうところにコストはかけなくていい。




箱を開けると注意書きというか、能書きが書かれた紙が一枚。




そして本体はこのような紙袋に包まれていた。写真ではつぶれているが、表面にPLOTTERのロゴがあしらわれた柔らかい紙。こういうところにコストをかける必要はない。




で、現れたのがこの本体。色はグレー。確かに真っ黒ではない。




ちなみについでに購入したのがこちらの2点。リフターと下敷き。
リフターはプラ板で作ろうかとも思ったが、穴をあけるのがめんどくさいので買った。400円だったし。下敷きもプラバンで作ろうかとも思ったが以下略。




ちなみにこのリフター、PLOTTERと印刷されている、と思いきや。




印刷されているのは片方の片面だけなのであった。


ペンホルダ―も必要なのだが、これは買うより作った方がいろいろよさそうだったので買っていない。ささっと作って使い始めることにしよう。ちなみに、サイズは丸くした部分が30mm、リフターに直接くっつけると幅が狭すぎ、5mmのばすと幅が広すぎ。延ばすのは1mmか2mmでよさそう。

あと保護用のリングサポーターは自作してみよう。家に人工皮革が少々ある。








ニコンのカメラにはピクチャーコントロールというのがある。
で、ちょっとだけメモ。

明瞭度というのは広域の輪郭強調。髪の毛一本のような細かいところには影響がないが、山の輪郭といった大きな構造に対する輪郭強調の度合いを決める。マイナスにできるところもミソで、マイナスにすると全体が柔らかいふわっとした絵になってゆく。お花写真や子供写真などでマイナスにするといい感じの事もある。

コントラストはトーンカーブ。LUTを変更しているだけ。

普通、液晶モニタは偏光板を使用している。

そのため、液晶モニタから出てくる光は偏光している。

偏光サングラス越しに見ると、ある角度では真っ暗で何も見えなくなり、そこから90度回転させたところでは割と明るく見える。PCのモニタも、スマホも、みんなこう。これは当たり前。


ところが、D850の液晶モニタは、偏光サングラスをしていてもちゃんと絵が見える。サングラスを回転させても暗くなるところがない。これは一体どういうことなのだろう。

液晶パネルに1/4波長板でも入れれば円偏光に戻るのでこうなるとは思うが、普通はわざわざそんなことしないと思う。

まさか、どうでもいい事にこだわりぬくニコンの悪い癖が出て、液晶モニタが偏光サングラスをしていて見えないのは重大な問題だ、と思って、わざわざ1/4波長板を入れたものを特注しているとか。

まさかね。

でも不思議。

小さなネオジム磁石が100円ショップで売られている。

いろいろな100円ショップがあり、それぞれ異なるパッケージで中身は同じに見えるものが売られているのだが、よ~く見ると数字がちょっと違う。

例えば直径13mmのネオジム磁石。100円ショップでは4個入りで売られているが、その磁力。
ダイソー橙:2000ガウス =0.2テスラ
ダイソー灰:240ミリテスラ=0.24テスラ
セリア  :180ミリテスラ=0.18テスラ
キャンドゥ:160ミリテスラ=0.16テスラ

ちなみに、ダイソーのとセリアのは直径13mmという表記だが、キャンドゥのは12.7mm。誤差ともいうが、どちらかというとキャンドゥの1/2インチが正確で、13mmは丸めた値な気もする。


また、直径6mmのタイプは8個入り、その磁力。
ダイソー橙:2800ガウス=0.28テスラ
ダイソー灰:280ミリテスラ=0.28テスラ
セリア  :220ミリテスラ=0.22テスラ
キャンドゥ:260ミリテスラ=0.26テスラ

ちなみに、ダイソーとセリアは直径6mm、キャンドゥは約6.35mm(約が付いている割には有効数字が大きい)。これもキャンドゥの1/4インチが正確で、6mmは丸めた値な気がする。

また、セリアでは直径16mmの2個入りや直径23mmの1個入りというのもある。

いずれにしてもダイソーのやつが数字上では一番強力なのだが、ほんとかね。実験して確かめてみるか???そんな暇な人いるか?


2018.1.28 ダイソーで磁石を買ってきたら、パッケージがオレンジから濃い灰色に変わっていた。磁束密度表記も変わっていたので、追加した。ほんとにどうでもいいな。。。

購入した。11月末に注文をして、届いたのが1月12日であった。

ちょうど翌日から一泊で旅行に行くところだったので、液晶の保護用ビニールもくっついたまま持ち出して使ってみた。

言うまでもないが、サイコーである。これから気が付いたことを書き込んでいくかもしれない。暇なら。

ところで、ファームバージョンは1.01であった。ネット上で新しいファームが公開されたのが1月16日だったのだが、製品の方はもう少し早くから新しいファームに対応しているということらしい。


PCの調子がおかしかった。

2か月ほど前からおかしくなっていた。BIOS(今はUEFIっていうのか?)からSSDが見えなくなるらしく、ブートデバイスが見つかりません的なメッセージが出てしまう。
最初のうちは起動をやり直せばすぐブートしたのでほっといたが、そのうち発生頻度が徐々に高くなり、2回連続失敗することも増え、毎度毎度数回やり直さなければ起動しなくなり、ここ1週間ほどは起動する方が珍しいくらいで、PCを起動させるのに20回も30回もリトライしてようやく奇跡的にブートする、というような状況になった。

他のHDDは普通に見えているのでマザーやATAコントローラの問題はなさそう。ただSSDだけ行方不明になるため、これはSSDの故障とみていい。

ただ、起動してしまえば今まで同様に動作するのが謎。まぁ、SSDの機能の根幹部分は正常なのだが、ブートするのだけに必要などこかが障害を起こしているということか?

仕方がないので新しいSSDを探す。今のSSDは容量120GBと小さめだが、それでも半分使っていなかったので新しいSSDも120GBくらいで探す。

最初に考えたのがM.2のPCIe接続の超高速SSD。価格設定もそんなに高いものではないのでこれの中から選ぼうと思ったが、SATAの6Gbpsでも十分速いのに、それが5倍になったからと言って何かいいことあるか、と考えるとなさそうだったのでやめにした。

通常の2.5インチSSDで120GBでよくて、MLCは贅沢だからTLCでいいや、メーカーは欧米系の名の知れたところ、という条件では、価格.comではWDのが6300円とか、SANDISKのが6800円とかであった。が、アマゾンで調べるとサムソンのが5000円で売られていた。

ちょっと怪しい雰囲気もあったのだが、サムソンという会社は嫌いだが一応それなりの信頼性があるような気がしており、アマゾンが販売、発送ということなので偽物ということもなく、これに決めた。なんか、安物買いの銭失いになりそうな気もしたが。5000円って安いよね。


アマゾンでぽちって近所のコンビニ受け取りにした。荷物はとても小さく、厚い封筒程度だったので拍子抜けしたが、翌日には受け取り可能な状態になっていた。相変わらず早い。


移行作業は超簡単。サムソンのSSDを買ったのでサムソンの移行ソフトをインストール。いったんPCを落としてサムソンSSDを取り付け、30回ほど起動リトライの後無事に現SSD最後のブートを成功させ、サムソンSSDをフォーマットしてからCドライブをコピー、そのままシャットダウンしてSSDを入れ替え、スイッチを入れたら今まで通り起動した。

めでたし。

古いSSDはどうしようか。起動しないということはPCからも見えないので、このまま捨てるしかないような気がする。もったいないなぁ。

今通勤に使っているハドレーはクッション除いて約700gくらい。

ナイロンのぺらぺら系バッグは200gくらい。
妻に任せると史上最大の大震災が発生する。

こちらはスチル担当なので子供の写真を撮っている。つまりカメラは常に子供を中心にとらえている。

ということは、カメラの頭や横にビデオカメラを同架しておけば、ビデオの中心に常に子供が入っているはずで、ズーム操作こそできないが、大震災は発生しない。

来年はそうしてみようか。プレートにカメラとビデオカメラを並べておいてもよいが、70-200の足に1/4インチのオスオスアダプタを付けて雲台経由でビデオカメラを取り付ければいいはず。

相当重そうだが。


オスオスアダプタはヨドで800円ほどか。1/4のイモネジ一つで事足りるが。ホームセンターに行くことってあるかな?

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]