Atelier Butchey アルカスイス互換になったスカイメモ 忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
先日作った、スカイメモの赤緯体に直結したアルカスイス互換クランプ。



スカイメモにくっつけるとこんな感じ。ま、割といい感じにまとまっている。





横から見るといろいろとぎりぎりなこともわかるが、一応使えている。三脚は古いベルボンのものでSuper Ace IIというやつ。そんなに丈夫でもないがそこそこ丈夫。





カメラを付けるとこんな感じ。アルカスイス互換プレートを付けておくとすぐ取り付けできて便利。





これこれ。これがやりたかった。すぐに縦横変更ができる。あー便利。ちなみにこの姿勢が天体写真で言うところの横位置。





で、この辺からおかしなことになってくる。スカイメモに75ミリ屈折。ファインダーがなければバランスウェイト一つで何とかバランスが取れるのだが、ファインダーを付けるともう無理。だから普段はつけていない。ファインダー、なくても案外導入は可能。





さすがにこんなムチャする人あまりいないですわな。でも月とか眺めるだけならこれでも割といけるし、直焦点で写真撮影をしたこともある。75SDHFにもアルカスイスプレートを付けているのでこれもすぐに脱着可能。

ただ、今回回転部分を追加したせいで背が高くなり、ますます望遠鏡側が重くなってしまった。パンヘッドは便利なのでこのまま使いたいのだが、、、今後改良すべきは自作の鏡筒バンドか?


本当はもう少し大きい赤道儀、ほしいけどね。でかくて重いの買ったら買ったで使わない気も。。。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]