忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
天体写真、星野写真で適正露出というのは難しい。
結局のところ、光害の具合でどこまでバックグラウンドが持ち上がってくるかによるような気がする。

で、実験。

レンズ:50mm
F値:2.8
ISO:800
撮影場所:近所

この条件でシャッター速度を1秒~20秒まで変化させてどう写るか調べてみた。


1秒


1.5秒


2秒


3秒


4秒


6秒


8秒


10秒


15秒


20秒


すべてレベル調整などしていないそのままの画像。

これで見ると、3秒までなら何もしなくてもバックグラウンドは黒い。4秒以上はレベル補正が必要だが、20秒までならレベル補正で何とかなるし、もっといけそうだ。30秒も試しておけばよかった。

ちなみに20秒のヒストグラムを見ると、下を115くらいまで切る感じ。


レベル調整後にM42の所だけ切り出したのがこちら
いずれも、NX-Dでレベル補正、共通のノイズリダクション処理をした後の等倍切り出し画像。


4秒


6秒


8秒


10秒


15秒


20秒


10秒より15秒、15秒より20秒の方が星雲がよく写っている。あたりまえか。
バックグラウンドは露出をかけるほど持ち上がってきているが、レベル補正をすれば20秒でも大丈夫な感じ。少なくとも15秒と20秒の比較では同じレベルに補正できている。
暗い星の写り具合は、8秒と15秒では差がある。15秒と20秒では差がない気がする。

撮影後の確認で真っ白になっているのはあまり気にせず、20秒から30秒程度露出をかけるのが良い感じ?それとも15秒で十分か?


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]