忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
 備忘録その2。一眼レフカメラによる直接焦点撮影のシステムチャート

 まずは純正の組み合わせ。接眼部Bの先にカメラアダプターをくっつけてカメラと接続するというシンプルな方法。昔はニコン、キヤノン、ミノルタなど、主要カメラメーカーのマウントを何種類も用意していましたね。なつかしい。

PENTAXの直焦点撮影システムチャート

 眼視のときと同じように接眼部CとBの部分をヘリコイドに置き換えるのだが、せっかく持っているPENTAX純正のカメラマウントを使いたかったので、眼視のときとはヘリコイドの向きを逆にする。逆向きになったヘリコイドにM49.8→M57ADを付けると先端がM49.8メスになるのだが、これがPENTAX純正のカメラマウントにぴったり合う(偶然)。

BORGパーツを使った直焦点撮影システムチャート

 もちろん、こんなことをしなくてもBORGのカメラマウントを使えばいちいちヘリコイドを逆向きにしなくて良いのだが…(汗)。まぁ、こんなこともできますよっと言うことで。

 ※もっというと、PENTAX純正のカメラマウントを分解すると、約M50のオスネジの部分が外れて約M50のメスネジになります。これを直接BORGのカメラマウントホルダーM[7000]にねじ込むことが・・・実は可能だったりして(やってみたわけではありませんが、おそらくぴったりでしょう)。ま、いずれにしてもBORGのカメラマウントホルダーMとカメラマウントを使ったほうが素直ですね(爆)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]