忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
ニコンは、有料の現像ソフト、Caputure-NX2の開発・販売を中止し、フリーソフトのNX-Dというのをリリースしている。

有料のCaputure-NX2は使ったことがないのだが、新しいNX-Dというソフト、仕様そのものがありえなさすぎる。

おかしなところを列挙すると何百もありそうなのでそれはやめるが、一番困るのがやはり重いこと。

NX-Dの表示モードを「混合」にした上でD800の画像を表示させようとすると、サムネイルをダブルクリックしてからメイン画面が切り替わるのに1秒以上~2秒かかり、低解像度状態をへてきちんと表示されるまでに3.5秒~5秒かかる。(CPU:Core2Duo E8400 3GHz、8GBのRAM、SSD)

これが有名なフリー画像ビュアーのirfan viewであれば、1秒強で次の画像が完全に表示される。

圧倒的な差がある。


しかも、拡張子NEFをNX-Dに関連付けると、あるファイルをダブルクリックしてもNX-Dで開けない。
どういうことかというと、NX-Dは起動するのだが、そのファイルが存在するディレクトリの先頭のファイルを表示してしまう。一つのファイルをダブルクリックしているのに、ほかのファイルを開いてしまうソフトというのは前代未聞で、これがバグでなくて仕様だと言い張るのであれば、頭がおかしい以外の何物でもない。

というわけで、拡張子NEFもirfan viewに関連付けている。

NX-Dを使うのは、irfan viewで選んだ画像を加工するためだけ。

ありえなさすぎ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 8Sと9S HOME >>
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]