忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
イメージセンサーにつくゴミには、いろんな種類がある。代表的なものは以下の通り。
・繊維質のゴミ(小さな糸くず)
・微小な砂粒
・カメラ内部由来のダスト
・カメラのミラーボックス内部由来の潤滑油

このうち、繊維質のゴミはブロアでふごふごやると飛んでいくことが多い。
砂粒やダストについては風の抵抗を受けないからか、ブロアでも飛んで行かないことが多い。
また、超音波によるイメージセンサークリーニング機能を使っても、静電気で頑固に吸い付いている場合は落ちない。
潤滑油については、油が飛び散るということなのでメーカー側の設計不良という言い方もできるのだが、ミラー機構をあれだけの速度で動かしておいて油が飛ばないようにするのはなかなか難しいのだろう。特にカメラが新品のうちはよく油が飛ぶ。で、ゴミとしては真ん丸の点になって写る。もちろん、超音波によるクリーニングではどうにもならない。

このイメージセンサー、たまにクリーニングしてあげる必要があるのだが、世の中にはそのためのさまざまなグッズが販売されている。中でも有名なもののひとつが、ペンタックスのペンタ棒(ぺったん棒)。
これはセンサー表面についたゴミを棒の先にくっつけて取り除く仕組み。
仕組みを考えればすぐにわかるが、これは潤滑油のような液体ものには効かない。それどころか、かえって汚れを広げてしまう。

というわけで、結局無水エタノールなどで表面をふき取るのが一番確実できれいになる。

これまでは、小林製薬のメガネクリーナーを使用していた。しかしこのクリーナー、非常に毛羽立ちが多く、ミラーボックス内が繊維だらけになってしまうという欠点がある。これではとてもイメージセンサーのクリーニングには使えない。レンズのクリーニングには使えるのだが。

そこで、いい加減無水エタノールによるクリーニング環境を整えることにした。
環境を整えるといっても、ハンドラップとシルボン紙と無水エタノールの3つを購入するだけ。
で、購入した。

初めのうちは全くうまくいかず、かえってセンサー表面にシミ模様を作りまくってしまったが、すぐにコツがわかってきた。要領が分かればあら不思議、面白いようにめちゃくちゃきれいになる。
おかげで、F29まで絞った状態でもゴミゼロというところまでD800のイメージセンサーをきれいにすることができた。
翌日、D7100でも同じようにやってみたら、ごみだらけだったのが5枚のシルボン紙でふき取るだけでゴミゼロになった。もう要領がわかってしまったから、何も心配いらない状態。

お買い物メモ:
ハンドラップ:アズワン ハンドラップ200 1020円
シルボン紙:ニコン扱い 1060円
無水エタノール:健栄製薬 1020円
いずれも税込、ヨドバシ価格。3点合計3100円、実質2818円

・・・無水エタノールは、近所のドラッグストアで買った方が安かったかも。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]