忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
全く同じ原稿で2つのフォトブックを作ってみた。

AutoAlbumはとにかく安い。A4横サイズ64ページで4,363円。送料もクロネコDM便で164円。フォトレボはもっと高くて、同じサイズ、ページ数で7436円。送料はゆうメールで216円。

全体の色については、AutoAlbumはどうもどこかに色がこけている感じがする。全体的に赤っぽくなっていて、青空の再現にちょっと難がある。また、全体に色が薄く、彩度が下がった上に明度が上がったような、そんなあっさり印刷な感じ。妻曰く、色が薄いとな。フォトレボの方は特に違和感もなく、おおむね思った通りの色再現だが、やはり若干明度が上がり気味。

印刷の網点だが、AutoAlbumはかなり網点が目立つ。が、これは写真と比べるからであって、ふつうは印刷ってこういうもの。目を皿にして近くで見ない限りわからない。フォトレボの方はインクジェットで印刷されているため、ふつうの雑誌のような印刷物にあるような網点は全くない。とてもきれい。

諧調については、AutoAlbumは悪くない。逆にフォトレボの方が暗部の諧調が悪いかもしれない。だが、AutoAlbumの明度が高いせいでそう思えるだけなのかもしれない。

サイズはAutoAlbumはきっちりA4サイズ、フォトレボはA4変形でちょっとだけ小さい。だが、印刷可能領域はフォトレボの方が広く、結果的に同じ写真がフォトレボの方が大きく印刷されている。AutoAlbumは裁ち落としができないが、フォトレボの方はできるようになっている。そこも違う。基本、自分の家で印刷するのが前提の場合、フチなし印刷はやらない主義(紙がヘッドに衝突して汚れたり、印刷時間が長かったり、廃インクタンクの問題もあるため)なのだが、フォトレボに出すのが前提ならトンボ付きの裁ち落とし前提で原稿を作ることもできる。

あと大きく違うのが表紙の有無。AutoAlbumはとにかく安いためか、表紙を自分で作ることができない(その代わり、たくさんあるデザインの中から好きなものを選ぶことができるようになっている)。フォトレボなら表紙と裏表紙を自分でデザインできる。背表紙は・・・どうだったかな。今回は背表紙なしにしたが、アリにもできたような気がする。表紙をデザインできないと、中身を開かないと何なのかわからないため都合が悪い。AutoAlbumでフォトブックを作った場合は表紙代わりの写真を別途印刷して貼り付けでもした方がいいかもしれない。

結論として、人にあげる分にはAutoAlbumでも十分な品質があると思われる。一般の人は写真が好きな人よりも印刷品質に対する考え方が厳しくないと考えられるからだ。だが、うちに置いておく一冊なら最低限フォトレボ程度の品質はほしい。

だが、上を見ればもっとお値段の張るサービスもあるんだよなー。パレットプラザで約1万円、ビビプリだと15600円だ。試しに試してみる???




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]