忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
オークションで一旦入手したS2がとんでもない欠陥品だったため、時間と手間はかかったが突っ返してやった。というわけで、やっぱりヤフオクで入手はあきらめ、都内の中古カメラ店を巡ることに。

たまたま都内へ行ける都合が付いたので出かけたのが3月16日。

まず向かったのは御徒町にある新橋イチカメラ。ここは事前調査で常に数台のブロニカがありそうだったのだが、在庫は少々動いていて、こんな感じ
・S2(Slv)+75=\44100:あり
・S2(Blk)+75C=44100:なし
・S2(Blk)+75 OH済み=\63000:なし
・EC(Blk)+75C=\48300:あり
・EC(Blk)+75C OH済み=\63000:あり
・S2+75 OH済み=\48300:新規?

いずれも見たところとっても綺麗で、美品も美品。ショーケースに入っていると綺麗に見えるだけなのかもしれないが、4万以上だすと綺麗なものが手に入るということか。

お店の人とは話をしなかったが、店員さんはごく普通な感じであった。


お次は銀座。まずは有楽町駅に近いレモン社へ。
ここにはこの日、5台のブロニカ。
・EC(Slv)+75 AB+ \29000
・S2(Blk)+75 無限出てない AB \40000
・S2(Blk)+75(kougaku) スクリーン他社製 AB \23000
・S2(Slv)+75 フォーカス取っ手つき AB \34000
・EC(Blk)+75 フィルムバックSlvのパンダ、キャップ塗りつぶし、絞り連動ピン自作 \30000

まずは最初のECをさわる。ECにさわるのはこれが初めてだが、以前オークションで落札・返品したS2よりもずっと操作感がよく、いっぺんで気に入ってしまった。が、このECは無限は出ているものの、12枚・24枚切り替えレバーが機能していないらしく、120フィルムを入れてるのに12枚以降が空回りせず、シャッターを押し続けないと巻き上げきらないという状態。そのほか、レンズの最後面に小さなすり傷があり、スクリーンも擦り傷、小さな欠けなどがあり、よく見ればあまり状態はよくない。安いが、内部機能に不安があるということで、店員さんも「オススメしませんねぇ」とのこと。
もう一台のECはブロニカのキャップが塗りつぶされていたり、結構手を加えられている。レンズの方も絞り連動ピンがなくなっており、それを爪楊枝で修理してあった。切ない。というわけで、こちらもオススメしませんとのことで、残念ながらまたの機会に。
このとき接客していただいた松浦さんだったか松なんとかさんはとっても親切で、こちらが中古品初心者とわかると「これキズですかね?」と聞けばブロアやウェスを取り出して「残念ながらキズです。写りには影響しませんけど」とか、使い方など、いろいろ教えていただいた。いい人だ。

お次はスキヤカメラのニコンハウスだが、ブロニカは・・・ニッコールだからあるかもしれなかったが、なさそうだったので覗かず。今思えばせっかく行ったのだからちょっとくらい見ればよかった。

次に清水商会。こちらは中判はハッセルしかなく、ブロニカは見当たらず。

次にスキヤカメラ。こちらにもブロニカは見当たらず。

次、三協カメラ。有楽町駅に近い方が本店で国内製品を取り扱うとのことだったが、ブロニカはなし。250ミリ以上のブロニカ用ニッコールとかは何本かあった。

三協カメラの舶来品の店舗、実は最初は本店を通り過ぎてこちらにうかがったのだが、店員さんが「安いものをお探しで?」と声をかけてくださったので、「ブロニカさがしてます」というと、「こっちは舶来品なので、国産カメラは本店で扱っています、でもブロニカはいまはあったかな?」と、親切にしていただいた。

道路を渡ってミヤマ商会。こちらは最近のカメラが多く、ブロニカなどはなし。

最後にカツミ堂。美しいクラシックカメラが並んでいたが、ブロニカはなし。


さて、銀座も終了してしまったので、ちょっと迷ったが新宿へも行くことに。


地下鉄に乗ったのは何年ぶりだろうか。丸の内線で新宿へ。

地図を頼りにまず向かったのはマップカメラ本店。だが、中古カメラはウェストの方とのことでそちらへ移動。

マップカメラウェスト、2階が国産中判とのことだったが、この日ブロニカはなし。店員さんに聞いても売り場はこのフロアだが、今はないとのこと。

次に中古カメラBOXとかいう地下の怪しい店。ショーウィンドウにカメラやレンズが山積みで、割と閑散としていた今までの店とは一味違う。隅の方に一台だけブロニカがあったが、
・S2(Slv) +75 \31500
・ヘリコイド\4000
・75/2.8\8000
・200/4\4000
・50/3.5\6300

など。結構安いが、ジャンクに近いのだろうか・・・店の人はクラウンハイブリッドについて常連客と思しき人と話し込んでいたのでそのまま店を後に。

次にカメラ市場。ECのボディとヘリコイドのみの状態で18900円、レンズが別で75/2.8が8400円。これは見せてもらった。無限はおそらく出ている。が、ミラーが傷だらけであまり感じはよくない。外観はそれなりに綺麗だが、ファインダーも傷だらけで結構汚い。それより店の人の態度がちょっとイマイチ。背の高い方は親切で親身に話をしてくれるのだが、相手をしていただいた店長と思しき方はとってもクールでドライ。5分くらいたっても悩んでいると、「マ、これだけ綺麗なものも珍しいですよね」とかいいながら「もういいですか」とカメラをショーケースに戻してきたのであった。

安い事は安かった。あちこち痛んではいるが、撮影には影響しない。だが、しばらく使って満足したら、売るときには非常に安い値段しか付かないだろう。そういうのは安くてもやめておいたほうがよいのではないだろうか。ずっと使い続けるつもりはないのだし。


というわけで、悩んだが、西口界隈からは少し離れたアルプス堂まで足を伸ばすことに。

地図を見ながら新宿を歩く。若干遠回りしつつ、アルプス堂へ到着。ここは見覚えがある。駅を出てすぐの広い交差点の先にあるお店。昔、何度か来たことがあるぞ。


ここには、事前調査で4万弱のS2とECがあることがわかっている。店内に入ると、あった。一つだけ。ECの方が売れ残っていた。S2はなくなっていた。

ショーケースに並んでいる状態では非常に美しく、程度が良さそうに見えた。早速出してきてもらう。が、手に取ると結構傷や塗装の傷みが多いことがわかる。このECは、レンズがCの付いたマルチコーティングタイプだった。今まで銀座、新宿と店を見て回ったが、マルチコーティングタイプの75ミリは初めて見た。レンズはとってもきれいで前も後ろも問題なし、分解の痕跡も無かった。絞りのクリックが若干重めだが、許容範囲内か。そのほか、ボディの革が相当縮んでいて縮小コピーみたいに縮んでいた。
細かく見るとそれなりに痛んでいるが、中身は正常に動いているっぽいので、買うとしたらこういうのがよいだろう。が、さっき市場で見かけたのは3万弱。これとは1万円も差額がある。うーむ。

とまぁ、10分くらい悩んだかな?その間にレンズやカメラが2件くらい売れていったが、まぁ、今買わなかったら今度は何ヵ月後になるかわからないし、4万以下ならいいか、ということで、お買い上げ。


中古のぼろいカメラを買うなんて初めてのことだったが、こちらの小柄な店員さんもいろいろ親切にしてくれたので、態度の悪い市場で買うよりはずっといい、というのも理由の一つだったりして。

おまけで期限がとっくの昔に切れたベルビア100をいただいたので、早速シャッター速度が出ているのかどうか、試験をすることにしよう。

いつやるか?


お買い物メモ:ブロニカEC、NIKKOR-P・C75ミリ付き 36750円
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]