忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
○ホワイトバランス
場面中にころころ背景照明が変わるのでなければ固定したほうが後の処理が楽かもしれない。現像処理で同じ場面では一律同じ値に変更してしまうので、カメラが駒ごとにWBを考える意味がないかもしれない。カメラのWBが安定しているならいいのだが、ちょっとした変化で大きく値が変わってしまうため、後処理がかえってめんどくさい。

○袖に入った人間の白とび問題
今回、AF-ONボタンによるAEロックで対応した。舞台中央の露出を拾ってAEロックし、そのまま袖の出演者を撮影。背景が袖(真っ暗)になるということは舞台の端にいるわけだが、端は照明が暗いため、舞台中央でのEV値ではアンダーになるのだが、後処理で持ち上げるのは簡単なので問題ない。
それよりも、今回、AF-ONボタンのホールド設定でAEロックをしていたのだが、解除忘れ、ロック間違いで暗いところの露出をロックしてしまい、舞台中央の出演者を白とびさせまくったりというミスも目立った。回避するにはAF-ONボタンのホールド設定をやめて押している間だけAEロックとすればよいのだが、それだと手を放してしまいそうで使いにくい。どうしたものか。次回はホールドなしのAF-ONボタンによるAEロックを試してみようか。

○白とびと白い衣装
今回、すべての駒において露出補正をプラス0.5としていた。衣装が白でない人の場合はおおむねうまくいったのだが、衣装が白い場合は全くダメで、むしろマイナス補正をしておかなければ衣装が飛んでしまう。もちろん顔の明るさは変わらないのだが、飛んでしまった衣装のディテールは失われるため、後からマイナス補正をしてもビニールを着ているように見えてしまう。白い衣装の場合はプラス補正はしない。これは絶対覚えておく。

○撮影枚数
今回は連写を多用したので5500枚程度。初期の選別で捨てた画像が半分以上。一枚20MB程度なので、110GBとなる。今回は128GBのカードを持って行ったので、メディア交換をせずに撮りきれるギリギリのところであった。メディアは128GB以上は必要。

○バッテリー
1本で十分の予定だったが、ゲネプロ後に確認したところ残量が30%ということで交換した。本番終了時点でも確認したところ残量50%となっており、バッテリー1本では足りない状況だった。これには理由があり、ネットワーク機能が有効になっていたためであった。D5なら工場出荷時の状態に戻すことが可能だが、D4Sではそれができないため、使用前にすべてのメニュー項目をサブメニューまで見ながら設定を確認する必要がある。もちろん撮影前に確認はしたのだが、ネットワーク設定のサブメニューまでは見ていなかったため、前回誰かが使ったときにネットワーク設定がオンになったままであった。今回は予備バッテリーを持っていたので何ともなかったが、やはりいらないと思っていても何が起こるかわからないので予備バッテリーは必須。電池をなくすかもしれないし、事故でダメになるかもしれないし。

○舞台練習のビデオ撮影
舞台練習は自分で見に行ったほうがいい。ビデオを撮ってもらうと手間をかけるし、画質の面からも自分で撮影したほうがいい。それも、本番で撮影する予定のポジションから舞台全景を撮影するのがいい。ズームする必要はない。ただひたすら撮っておけばそれでよい。もちろん一曲ずつ分けること。また、ビデオカメラよりもスチルカメラで撮ったほうが画質は良い。特にNikon1で撮影したものが一番わかりやすかった。また、D800の動画ファイルは手持ちのタブレットで再生するとノイズが入るため、ここはV1を持ち出したほうがよさそう。しかしV1はバッテリーが持たないため、ACアダプターが必要。ちなみにコンセントは舞台に向かって左端の前から5列目くらいに掃除用コンセントがあるので、そこからとれる。となると、ACアダプタの関係でV1は手放せない・・・か?ちなみにV1とAW1の動画性能は同じ。また、舞台練習中に撮影をするなら、ワタシがすべてやったほうがいい。舞台上ではなく、リハーサル室などに移動して私が舞台練習と別に動いたほうが良いのではないか。

○ゲネプロと本番
リハーサルも本番と同じように撮影するのだが、みんな本番になるととってもいい表情を見せるのであった。やはり、撮影は本番中が本番。リハーサル時が抑えだ。また、舞台に向かって右から左に動くことが多い気がするため、舞台に向かって左にいたほうが出演者がこちらを向いているため、撮影チャンスが多いような気がする。

○後処理
まずは不要カットを削除(ごみフォルダに移動)、総枚数2000枚程度にはしたい(今回は2500枚ほどになった)。その後現像ソフトで明るさとホワイトバランスを調節、8bitTIFFで出力したのち、PhotoShopで切り抜きだけやっておしまい。切り抜くとき、頭の上の空間を詰めすぎないこと(手を上にあげている場合は手の先を開ける必要はない)。

○アップロード
FileZillaを使用したところ、元ファイルとアップロードしたファイルのファイルサイズが10個に1個くらい異なることがあることが判明。ファイルサイズが異なるファイルをもう一度ダウンロードしてみても一応ちゃんとJPEG画像にはなっているっぽいが、気持ち悪いのでファイルサイズをすべて確認したうえでFFFTPで再アップロードした。FFFTPでアップロードしたファイルについてはそんなことは発生していない。今後はFFFTPを使用することに使用。ちなみに、ファイルサイズはおおむね500MBで、一枚のアップロードに7秒かかる。5時間弱ならまぁ、アップロード可能な範囲。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]