忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
〇ポーズ写真について
ポーズ写真を撮るための場所としてもっと良いところがないか探していたが、なかった。
ポーズ写真と舞台撮影ではカメラの設定が全く異なる。いちいち設定を変えるのはめんどくさいので、ポーズ写真はD800で撮り、メインカメラのほうは舞台撮影用の設定から変更しないほうがいいかも。
ポーズ写真のバック用に家のカーテンを2枚持って行ったが、幅が全然足りないのであった。高さは2.3mあったのでまぁまぁだったと思うが、幅は2mでは足りない。5mくらいは必要かも。

〇レンズについて
単焦点の50㎜と35mmを持って行ったが、出番なし。50㎜はポーズ写真と舞台全景を撮るのに使えるかと思ったが、ポーズはでは身長や同時に移す人数(一人~三人)によって焦点距離を変える必要があり、ズームでないとダメ。全景も可能であれば画角を調節したほうが都合がよいため、結局ズームを使った。というわけで、24-70と70-200の2本だけで仕事はできるのであった。

〇集合写真について
客席の傾斜が緩いため、近くから撮影しようとすると上下方向のずれが少なくなってしまう。高いところから撮影しようとすると、遠くから撮影することになる。結局70-200を使用してとることになるため、単焦点レンズはいらない。

〇シャッター速度は1/500でおおむねOKだが、飛んだ瞬間などではぶれるので、その場合は1/1000にすればさすがに止まる。逆に回転しているときなどは1/30くらいまで落とすといい感じでぶれる。が、顔が止まって写るのは10枚か20枚に1枚なので、プロカメラマンでもない人間としては連写あるのみ。

〇ピクコンはPTのままだと一般受けしない眠い絵になってしまうので、ピクコンはPTのままでクイック調節の+1か+2をするといい感じ。

〇白い衣装は基本的に肌の色より明るい。ほかの色の衣装では白飛びしなくとも、白い衣装の時は白飛びする。今回、露出モードはMとし、ISOをオートにして露出補正を+0.5としていたが、白い衣装の人だけは露出補正をしないほうがいい。±0か、-0.3くらいにしておかないと衣装が白飛びしてしまう。あとから持ち上げるなら画像に特に違和感はないが、あとから下げようとするとやっぱり衣装のディテールが失われてしまう。白い衣装の人には要注意。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]