忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
このレンズ、HB-24というフードを無理やり取り付けることも可能なのだが、普通に使おうとするとワイド側でフードによるケラレが発生する。では、どの焦点距離でどの程度けられるのか、青空を被写体に確認してみた。

まずはFXフォーマット
焦点距離70㎜、F2.8、フードなし


焦点距離70㎜、F2.8、フードつき


焦点距離70㎜、F22、フードなし


焦点距離70㎜、F22、フードつき


焦点距離85㎜、F2.8、フードなし


焦点距離85㎜、F2.8、フードつき


焦点距離85㎜、F22、フードなし


焦点距離85㎜、F22、フードつき


焦点距離105㎜、F2.8、フードなし


焦点距離105㎜、F2.8、フードつき


焦点距離105㎜、F22、フードなし


焦点距離105㎜、F22、フードつき


焦点距離135㎜、F2.8、フードなし


焦点距離135㎜、F2.8、フードつき


焦点距離135㎜、F22、フードなし


焦点距離135㎜、F22、フードつき


焦点距離200㎜、F2.8、フードなし


焦点距離200㎜、F2.8、フードつき


焦点距離200㎜、F22、フードなし


焦点距離200㎜、F22、フードつき




おつぎはx1.2のフォーマット
焦点距離70㎜、F2.8、フードなし


焦点距離70㎜、F2.8、フードつき


焦点距離70㎜、F22、フードなし


焦点距離70㎜、F22、フードつき


焦点距離85㎜、F2.8、フードなし


焦点距離85㎜、F2.8、フードつき


焦点距離85㎜、F22、フードなし


焦点距離85㎜、F22、フードつき


焦点距離105㎜、F2.8、フードなし


焦点距離105㎜、F2.8、フードつき


焦点距離105㎜、F22、フードなし


焦点距離105㎜、F22、フードつき


焦点距離135㎜、F2.8、フードなし


焦点距離135㎜、F2.8、フードつき


焦点距離135㎜、F22、フードなし


焦点距離135㎜、F22、フードつき


焦点距離200㎜、F2.8、フードなし


焦点距離200㎜、F2.8、フードつき


焦点距離200㎜、F22、フードなし


焦点距離200㎜、F22、フードつき




最後はDXフォーマット
焦点距離70㎜、F2.8、フードなし


焦点距離70㎜、F2.8、フードつき


焦点距離70㎜、F22、フードなし


焦点距離70㎜、F22、フードつき


焦点距離85㎜、F2.8、フードなし


焦点距離85㎜、F2.8、フードつき


焦点距離85㎜、F22、フードなし


焦点距離85㎜、F22、フードつき


焦点距離105㎜、F2.8、フードなし


焦点距離105㎜、F2.8、フードつき


焦点距離105㎜、F22、フードなし


焦点距離105㎜、F22、フードつき


焦点距離135㎜、F2.8、フードなし


焦点距離135㎜、F2.8、フードつき


焦点距離135㎜、F22、フードなし


焦点距離135㎜、F22、フードつき


焦点距離200㎜、F2.8、フードなし


焦点距離200㎜、F2.8、フードつき


焦点距離200㎜、F22、フードなし


焦点距離200㎜、F22、フードつき



結論。
1.2XやDXフォーマットではケラレの心配はない。
FXフォーマットでは135mmよりテレ側ではケラレないが、105㎜よりワイド側ではケラレが生じる。

ただ、FXフォーマットの200㎜での周辺減光を見ると、105㎜のケラレは許容範囲内という気もする。

それにしても、200㎜の時の周辺減光が大きいなぁ。DXフォーマットにするとびっくりするほど均一だ。。。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]