忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
前々から気にはなっていた。
買おうかとも思っていた。

買う前に借りる機会があったので、二日ほど使ってみたことがある。
何かそんなに素晴らしいボケ味なのかと問われれば、答えられない。

ガウスタイプのレンズだとみんなそんなものなのか、それともガウスタイプなんて関係ないのか、それはわからないが、バックのボケはやっぱりうるさい。普通の50mmF1.4Gや50mmF1.8Gもうるさいが、58㎜が全く解消されていて素晴らしいかと問われれば、多少ましだが大差ないと答えるだろう。

ピントが合ったところから少しづつアウトフォーカスになっていくさまが素晴らしいかと問われれば、他のレンズでも特におかしいと思ったことは無いので普通、と答えるだろう。ピントが合ったところだけシャープで、その前後が急激にぼけるレンズというのはお目にかかったことが無い。少なくとも自分は持っていない。それに、前後が急激にぼけるというのは望遠レンズだからなのではないか。レンズの光学性能というよりは単に焦点距離によるものではないかという気がする。
58㎜ならさほど長焦点ではないから、そんなことは起きないだろう。同様に、50㎜F1.4Gでも50mmF1.8Gでも、そんなことは起きていないようにしか見えない。

50mmF1.4Gや50mmF1.8Gがそんなにだめだろうか。MFにしてわざとぼかした写真を撮ってみる。ボケ具合を確かめてみるが、そんなにだめだろうか。確かにちょっとうるさいように感じるし、個人的にはこういうのが嫌いなのだが、58㎜と比較してどうだろう。差は確かにあるが、その差は小さく、どっちもうるさい感じはする。58㎜は多少ましな程度。その多少に10倍もお金を払う価値があるだろうか。

このレンズ、購入した人の感想が巷に溢れているが、どれも大絶賛。でも、本当だろうか。

私も使ってみたが、そんなにすごいレンズとは思わなかった。素晴らしいとも思わなかった。


このレンズのもう一つの顔、夜景を絞り開放とるときには有効なのかもしれない。だがしかし、夜景をとるとき、個人的に開放は使わない。画質云々ではなく、被写界深度の問題だ。パンフォーカスにしたのが好みなので、絞りは絞り込むことがほとんどだ。だから解放からシャープである必要性はない。

実は個人的に星空も撮る。星空は開放からシャープだとありがたい。だが、今、それほど星の写真は撮影していない・・・


こういうことを書くと、「わからないやつにこのレンズの価値はわからないのさ」という人がたくさんいるだろう。その通りだ。ワタシには、このレンズに19万円の価値は見いだせない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]