忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
さてこのレンズ、購入してからまだ幾日もたってはいないが、ちょっといろいろ気になることが分かったので書いてみる。


1.4点でしっかりと逆立ちするフード

このレンズの前モデル、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II は、フードの前縁が弧を描いており、フードを付けたままでは逆立ちできないようにしてあった。それが改善され、このレンズは逆立ちさせることが可能である。


↑旧製品のHB-48。先端が丸くなっているため、逆立ちさせると倒れてしまう。


↑このアングルの方が分かりやすいかも。


↑新製品のHB-78。先端がまっすぐなので逆立ちできる。

しかもフードの4点で接地するため、平らなところに置く限りにおいてはしっかりと安定して逆立ちできる。



花形フードは逆立ちさせた場合、2点で接地している場合が多く、安定感はいまいちなのだが、このフードはきっちりと4点で接地するように設計されている。4点接地をしっかり意識して設計されたフードは初めてなのではないだろうか?ちなみに、C社のフードは2点接地。


↑C社のET-87。ところで、C社のレンズは白いのに、なぜフードは黒いのだろうか。ニコンのフードは、白い鏡筒の場合は白い。



2.しっかりグリップできる先端のゴムリング

このレンズ、よく見るとゴムのリングが3つある。マウントに近い方からフォーカスリング、ズームリングなのだが、一番先端にもゴムリングをはめてある。このリングは回らない(当たり前だが)。このリング、おそらくレンズの先端をつかんで保持する際のグリップをよくするためについていると思われる。



普通のズームレンズはズームリングとフォーカスリングがあればそれでOKなのだが、グリップ感向上のためにコストアップとなるのを承知でわざわざゴムパーツを取り付けてしまうあたり、さすが無駄にいろいろ考えて作っているニコンとしか言いようがない。が、これのおかげで結構使いやすかったりするので、C社にもぜひ真似してもらいたいものだ(あっちの会社はコストをかけなくて済む部分は儲けに回すだろうから絶対やらないだろうが)。
ちなみにこの先端のゴムリングは旧製品にもついていた。他社製品には存在しない部品のため、今回の製品を設計するにあたってコストダウンのために外してしまうという手は当然あったと思うが、そのまま残しているあたりがさすがである。



3.段違いになっているズームリング

さて、このレンズには可動リングが二つ、フォーカスリングとズームリングがある。これらは目をつぶっていてもすぐに区別がつく。ズームリングには途中に段差があるのだ。



この段差のおかげで、ズームリングとフォーカスリングが見なくてもすぐに区別がつくうえに、目をつぶっていてもどこまでがズームリングなのかがすぐわかるため、非常に使いやすくなっている。もしこの段差がないと、もっと先端にある回らないゴムリングに手が触れてしまい、ズームリングと勘違いして回そうとしてしまうかもしれない。それを防いでくれるこの段差、よく考えられている。さすが、無駄にいろいろ考えて作っているニコンらしい。ちなみに、C社のリングには当然ながらこのような段差はない。



4.ベアリング内蔵三脚座

このレンズ、大きいので当然のように三脚座がついている。しかもこの三脚座がただものではない。なんとベアリング内蔵。
安物の三脚座だと、鏡筒の回転固定用のつまみをどんどん緩めていくと外れてしまい、その状態で鏡筒から三脚座を取り外すことができるようになっていたりする。つまり着脱可能な仕組みにしておいてその固定つまみを鏡筒の回転止めと共用している。この構造はねじで鏡筒を締め付けているだけなので安価にできる上に、着脱式三脚座ということでアピールポイントにもなるのだろうが、実際に使用するときは鏡筒がうまく回らずに困るのだ。
三脚座の本来の目的はしっかりと鏡筒を保持することと、回転機構を提供することだ。着脱可能であることではない。で、着脱可能な構造にしておくと、固定つまみを緩めた時にガタガタしてしまって鏡筒を保持できないうえにスムーズな回転は望めない。つまり本末転倒機構なのだ。
このことから、ニコンではAF-S80-200F2.8の時にヒンジ式の着脱式三脚座だったものをAF-S70-200F2.8Gの時に足だけ取れる方式に改めている。この場合、固定つまみは純粋に鏡筒の回転を止めるためだけに使用されるため、つまみを緩めてもガタガタすることはないし、まして緩めすぎてカメラが転落するという最悪の事態も避けられる。
この足だけ取れる三脚座はAF-S70-200F2.8GII、そしてこのレンズと受け継がれているが、今回、ついに回転部にベアリングが内蔵された。
実にスムーズに回転する。これなら横位置から縦位置への移行が非常にスムーズにできる。横位置から急に縦位置撮影に入る必要があるフィギュアスケートや舞台撮影には非常に威力を発揮する。細かいところまで無駄にいろいろ考えて物を作っているニコンらしい機構だ。ちなみにC社の三脚座は旧態然とした、つまみを緩めるとヒンジで鏡筒から外れてしまうタイプ。


5.三脚穴ガイド付き三脚座

この三脚座だが、横を見ると三角のしるしが刻印されている。



これは、実は三脚穴がどこにあるのかを示しているマーク。一応三脚座の穴は貫通していて上から見えるようになっているため、特にこのようなガイドはいらないような気もするが、先日三脚に取り付けてみたところあらびっくり。このガイドがあるとないとでは三脚に取り付けるときの迷いが全然違うのであった。こんな印なら買った後でユーザーがいくらでも追加してやればよいようなものなのだが、それをあえて最初から刻印してしまうあたり、さすがに無駄にいろいろ考えて物を作っているニコンらしい。



6.レンズ取り付け指標

このレンズに限らず、もっともっと安価な50mm f/1.8なんかも共通の仕様なのだが、レンズ取り付け指標がビーズのような白い別部品になっていて非常に見やすい。この辺はただのペイントにしてしまえばコストダウンになるんだろうが、ニコンは頑としてこのデザインをやめない。この指標、出っ張っていてしかも真っ白に輝いていて目立つため、あるととても使いやすい。ぜひともこのままニッコールレンズの共通仕様の一つとして続けていってもらいたいものである。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]