忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
 ビリンガム、ハドレーラージを購入した。黒×黒、まっくろである。巷では英国クラフトマンシップがどうたらということで有名らしいが、単にこんな形のカメラバッグがほしかっただけである。
 ニコンからもポーターとのコラボバッグが発売されており、よく似たサイズ・デザインなのでどちらにしようか迷ったが、Porterは街でもよく見かけるし、値段もニコンのほうが高かったのでこちらを選んだ。とはいってもどこにでも売っているものではないため、注文してから待つこと2ヶ月あまり、ようやく昨日手に入れることができた。

 バッグの外観はラージというだけあって確かに大きめだが、よくあるビジネスバッグの大きめサイズといった感じ。上質な素材でできていてそれなりに高級感はある。縁の部分は全部本革だそうだ。バックルも安くて丈夫なプラスチックではなく、金属を溶接したような無骨だけどがっちりしたものが使われている。
 カタログによると内寸はW360×D70×H255mm。ニコンのW310×D100×240mmより少し大きいが少し薄い寸法となっている。数字だけ見ると自分のカメラやレンズ(F6やAF-S80-200)は入らないことになるが、お店で実際に入れてみたら案外すんなり入ったのでこれに決めた。もちろん多少膨れるが。
 スタンダードなハドレーオリジナルは高さ50mm、幅30mm小さいだけだが、見た目はとても小さく見える。F6とレンズ数本、フィルムを入れるとお茶とか本を入れるスペースはなくなりそうなので大きめサイズを選んでみた。

 購入したときはビニール袋に入れられただけの梱包だったのでちょっと驚いたが、ヨーロッパの人は無駄な化粧箱なんかは好きじゃないのかも知れない。どうせゴミになってしまうし、日本まで運ぶ間にボロボロになったりして。
 ひとつだけ不満なのは肩パッドがついていないこと。後で調べたら純正肩パッドがあるらしいが、高そうなので自分で作ることにした。週末時間があるからちょっくらやろうかな?
Billingham Hadley Large
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]