忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
メイン基板をかるく調べて見たが、やはり素人にはよくわからない。

スタティックなところでは、LDOの一つの出力が5Vtypのところ4.85Vだったのがちょっと気になったが、普通のICならそれくらいでも変にはならない。

3.3Vの出力は時間がたつとずるずる下がっていくのだが、それでも10mVのオーダーなので影響はないはず。3.3Vを主に食っているのはASICのようなので、ASICの発熱でロードが増加し、少しずつ出力が低下しているのだろう。これも誤動作の原因とは思えない。

そのほか、オペアンプが妙に熱いことがわかったが、発振しているわけではなく、それはそれで正常。

ASICのクロックも安定しているし、リセット端子はどこにあるのかわからない。ボード上にパワーオンリセット回路は見当たらないが、起動に失敗するわけではないのでそういう問題ではない。

そうなると、回路図でもない限りこれ以上調査するのは不可能。

まー念のため、ということでアルミ電解コンデンサを新品に交換し、ASICの裏面にあった空きパターンにパスコンを追加し、基板の裏面を簡単に洗浄したが、やっぱり改善せず。


素人修理はあきらめた。



最近は10コマ程度スキャンするとおかしくなってしまうのでスキャン作業がさっぱり進まないが、全く動作しないわけでもないので、動く限り使い続けるしかなさそうだ。


本当に死んだらどうしようか・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]