忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
70-200G II とD800の組み合わせでちょっとテスト

感度を上げるとノイズが増える。
絞りが解放だと象が甘い。
シャッターが遅いとぶれる。
いろんな条件があるが、絞りを開けてISO感度を下げた方が画質が良いのか、
絞りを絞ってISO感度を上げた方が画質が良いのか。
ISO感度を上げずにシャッター速度を遅くした方が画質が良いのか、
ISO感度を上げてシャッター速度を早くした方が画質が良いのか。

屋内のぬいぐるみを狙ってテストしてみた。

絞りはF2.8でもF4でも中央部の画質には大差ない(ように自分には見える)

ISO感度は1600までなら区別がつかない。2000だと1600よりは「あ、感度あげてるな」という感じになる。2500も3200も感度を上げた感がでる。1600だといわれないと気が付かない。

シャッター速度は焦点距離200mmで1/25でも全くぶれなかった。慎重にシャッターを切ったら、の話だが、確かに1/200から3段遅くてもブレが認められないのは驚きだ。

というわけで、屋内のステージ写真などを取るときは、絞りは開放で結構、ISO感度は1600を上限にして、できるだけシャッター速度を稼いで被写体ぶれをなくす方向で撮影するのが良いだろう。

モードを絞り優先にして絞りを解放もしくはちょっと絞った状態とし、ISO感度を自動設定にして、シャッター速度は焦点距離分の一より1段早くというのが一つの回答になるかな。これなら焦点距離200mmの場合、シャッター速度が1/500になるまでISO感度を上げようとするだろうが、その時の感度が1000以下であれば何の心配もいらないことになる。

もう一つはマニュアルにして絞りを解放もしくはちょっと絞った状態、シャッター速度を1/500とかに固定し、ISO感度を自動にして露出を決めさせるという感じか。これはISO感度内でしか露光量を変えられないから自由がきかないが。

ま、今後の参考にしよう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]