忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
PAN-Aが写真と異なるPAN-Aだったわけだが、これまた届いたPAN-Aとソックリな品物を発見。



こちらの品物、画面をキャプチャしたのは3月17日の21時30分ころで、価格は2698円となっているが、自分が購入したときは2998円であった。まぁ、それはいいとして、この品物、クランプの部分は先日届いた品物と全く同じ、に見える。それでいてネジアダプタがなぜか2個、70mmのプレートまでついて3000円とは、ずいぶん安い。クランプの部分が全く同じなのであればお得だ。

というわけで、MENGSのPAN-Aとして届いた方は異なる品物が届いたということで返品し、こちらを別途購入することにした。

こちらもアマゾン発送だったのですぐ届いた。開封してみる。



まぁ、見た目は思った通りの品物だが、、、実態はそう甘くなかった。


この品物、とにかくたくさんのグリスを塗りたくっており、全く回転しない。塗りすぎのグリスがはみ出してきており、とにかくべたべたと汚い。

しかも裏面を見るとどうも様子がおかしい。MENGSのPAN-Aには存在する部材が存在しない。付け忘れたのではなく、最初からない模様。部品を一つ削減することでコストダウンを図ったのだろうか。このクランプは、中央の3/8ネジで雲台に取り付けると回転が悪くなると言われている。これの改善のために底面の部材を一体化したのだろうか。


裏が真っ黒。中央にあった部品は存在しない。


先日のMENGSのPAN-Aと比較すると一目瞭然。


並べてみると本当にそっくりなのだが、ものすごく細かいことを言うと、水準器の色とか、目盛りの太さとか、回転止めつまみの形とか、塗装の光沢具合とか、ちょっとだけ違う。


それにしても、なぜここまでグリスを塗りまくったのか。単に生産管理ができていないだけか?

どうにも怪しく、しかも部品が一つ少ないためかどうかは知らないが回転の具合がよろしくないので、最初に届いたPAN-Aのほうを使うこととし、後で買った方を頼んだものと違うということで返品することに。

あーめんど。でもこれが中華製アルカスイス互換部品の醍醐味なのかも。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]