忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
 ニコン純正のTTL調光コードには2種類ある。SC-28とSC-29だ。で、SC-29のほうにはAF補助光の照射部分が備わっている。SB-800かSB-600との組み合わせで、カメラの動作に連動してAF補助光を照射することができる。

 この補助光、スピードライトのほうに専用の接点があり、SC-29に装着すると接点がつながるようになっているのだが、接点は2つ、補助光はLEDとくれば、接点部の回路はわりかし簡単なモノなのではないだろうか?

というわけで、SB-800のAF補助光接点をちょっくら調べてみた。
  AF補助光 発光時 AF補助光 非発光時
接点間電圧 約4V 0V
ダイオード電圧 0V 約0.7V
接点間抵抗 93.7kΩ

ということは回路は大体こんな感じなのだろう

左側の□が接点で、上がスピードライトに向かって左側、下が右側。

 要するに、単に4Vの電源になっているわけだ。だったらSC-29のほうに4V加えてあげればSC-29のAF補助光が発光するんではなかろうか。だとすれば、「たまにAFでピントが合うことがある」という程度のAF性能を誇るE5000にとってはちょっといいアイテムになりそうだ。  気がつくのが遅すぎるが、ちょっとやってみようかしらん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]