忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
 今のシートには二つ不満がある。ひとつは高さが低いこと。もうひとつは滑りやすい上に前が低くなっているため、ブレーキング時に前方へ滑っていってしまうこと。これを解決するにはいわゆるあんこ盛りと表皮の張替えが必要だ。専門の業者もたくさん存在するが、あんこ盛りと張替えを頼むと結構な金額になる。それにまぁなんとか自分でもできそうな作業なので、DIYに挑戦することにした。と決めたのはかれこれ何年前の話だろうか・・・汗)

 必要なものは3つだけ。列挙すると
・あんこになるようなウレタンなど
・バイクシート用の滑りにくいタイプの表皮
・表皮を止めるためのタッカー

 一つ目のウレタンはいろいろ手に入るのだが、せっかくなので内蔵タイプのゲルザブSを買ってみた。結構な値段だったが、メーカーオプションでたまに見かけるゲルシートは3万とかもするので仕方あるまい。
 表皮も探せばいろいろ出てくるが、散々悩んだ挙句、ヤフオクで購入することにした。「MGMスタジオで採用されているディンプル生地」とかやいうものが110cm幅の長さ1mで\4,200にて出品されていたのでこれを購入。これは購入前に70cmとかで買えないか再三質問したのに無視されたので一旦は購入をやめたのだが、他にこれ以上のものが見当たらなかったので仕方なく購入。今日現在、販売は終了しているようなので、まぁ、買っておいてよかったかな。
 最後のタッカー。本来はエアタッカーなどの強力なものが必要。だが、本格的な工具をたった一度シートを張り替えるだけのために購入することはできないので、近所のホームセンターにてごく普通のホビー用タッカーを購入。

 道具がそろったのはずいぶん前なのだが、最近は何かと忙しくて張り替えることはできず。ようやく今日、作業に入った。作業開始が2時30分ころ、終了が4時前だったので、1時間ちょっとでできちゃってたりするのだが。。。

 まずは張り替える前のシートを記念撮影。
張替え前

 シートをはがすとこんな感じ。ウレタンに雨とかがしみこんで結構汚い。黒いぽつぽつはもしやカビ???
中身

 はがした皮はこんな感じ。
はがした皮

 で、いきなり張替え後
張替え後
 張替え後の写真をよーく見ると、ゲルザブのゲル部分がうっすらとわかる。

 最後にコツをいくつか。。。
・ゲルザブは接着しなくてもずれたりしないようだ。
・ゲルザブ表面は全く滑らないので、中に指を入れて手繰り寄せるように皮を張る。
・先に前と後ろを止め、それからサイドを張っていく。
・凸になっている部分はシワにしていけばよいので簡単。
・凹になっている部分は余った皮をたるませないようにするのが難しい。

 今回用意したタッカーはやはり力が不足していてなかなか最後まで入らなかった。打ち込んだ総数に対してうまく入ったのは40%程度だったろうか。最後のほうで体重をしっかり乗せて打ち込めば入ることに気がついたが、それまではなかなか針が入らず苦労した。

 完成後、さっそく近所を一周してみたが、ゲルザブのぽにょぽにょ感がとってもよい感じ。皮も滑りにくくなっていて安定する。まずはよさそうだ。今度長距離乗ってしっかり確かめることにしよう。って、長距離なんていつ乗れるんだ???

お買い物メモ
・ゲルザブS:\7,087(2008.7.6)
・シート表皮:\4,200(2008.8.31)
・タッカー :\?安かったと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]