忍者ブログ
カメラとバイクと自転車と
エプソン純正用紙に「フォトマット紙」と「フォトマット紙/顔料専用」というのがある。エプソンのサイトを見てみてもこの違いはイマイチよくわからない。ざっと見たところ、仕様上の違いは以下の通り

  フォトマット紙/顔料専用 フォトマット紙
秤量 189.0 g⁄m2 167.0 g⁄m2
厚さ 0.25mm 0.23mm
白色度 100% 97%
定価 1,500円 1,200円

違うことは違うがあまり違わなさそうな気がする。で、価格は顔料専用の方が高い。よくわからないので実際買って試してみることにした。で、違いは
  • 紙の厚さが想像以上に違う。厚さというより紙のコシというか、しなやかさに差がある。顔料専用はわりと硬くてボール紙に近く、ただのフォトマット紙はやわらかくてしなやかだ。今回はこれを30枚程度たばねて写真集にしたのだが、製本する場合、ページのめくりやすさを考えるとただのフォトマット紙の方が向いている。
  • 印刷結果はほとんど同じ。光の反射具合も同じ感じだ。こと印刷結果については見分けがつかない。
気がつくところといえば以上の2点。まぁ、やっぱりあまり違わないか。価格については販売価格の差が定価の差より大きいためただのフォトマット紙のほうがお得感はある。純正用紙だからそれでも結構お高いが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
butchey
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]